• 川崎市多摩区で150年つづく梨農家です

蛙って「ケロケロ」って鳴くイメージですよね?畑のそばには田んぼもあるので(うちのではないです)、用水路があります。だからか、梨畑にもアマ蛙が結構いるんです。

「グワァ、グワァ、グワァ」ってカモみたいに、しかも力強く鳴く声が聞こえたので、畑にカモが来たのか?と周りを見回したこともありました。これ、実は蛙の鳴き声なんです。

ちょっと前に夕立が来た時、暑くて、カラカラだったからか、雨が降りだしたら、嬉しかったのか、蛙が一気に鳴き出したんです。これがものすごい音量で、もはや蛙の合唱じゃなくて、蛙の絶叫でした

蛙も色々な鳴き方をするようで、時には「ねぇねぇ」って誰かを呼ぶような声が聞こえることがあります。畑のそばは人通りが結構あるので、誰かに話しかけられたのかと、声のする方に顔を向けても誰もいない広い梨畑に一人でいるときに、この声が聞こえた時は正直逃げそうになりました。でも、冷静になって聞いてみたらこれは蛙の声かと安心しました。

昨日も袋かけの作業をしていると、誰かに呼ばれたような・・・。でも、誰もいない。蛙か・・・とまた作業に入ると、また呼んでいるような・・・。きょろきょろと見回すと、すぐそばに大きな瞳で私を見つめる一匹の蛙。

すっかりおばさんなんですが、心は乙女な私。確か、ディズニーのお話しで蛙にされた王子様の話があったと思うのですが、自分をじっと見る蛙に出会うと、もしかして王子では・・・と思ってしまったりします。

今回も少しの間見つめあった私達そのまま、目をそらすのもどうかと思い、「あ、どーも。暑いですね」と声を掛けると、のっそり目をそらされました。私はタイプではなかったようです。

ちょっと悔しくなり、袋を掛けながら少し強めに蛙のいる枝をゆすってみたりしました

かえる
私をナンパしてきた蛙