• 川崎市多摩区で150年つづく梨農家です

新丸子駅そばにある(武蔵小杉駅からも徒歩で行けます)「菓心 桔梗屋」さんは今月12日まで【お菓子な梨狩り体験】を行っていました。それに伴い、多摩川梨を使った商品も開発して販売してくださっていました。繁忙期なので行くことは出来なかったのですが、「多摩川梨どうふ」「多摩川梨の葛バー」「上生 多摩川梨(たまがわありのみ)」をお取り寄せしました。

多摩川梨の葛バーは昨年も販売されていて、これは私も娘も大好き。棒アイスは途中で溶けてきて落としてしまい、娘を叱ってしまいそうになるのですが、葛バーは溶けても落ちたりしないので安心してゆっくり食べられます。梨の優しい甘さで食べると優しい気持ちになれますよ

さて、上生多摩川梨(たまがわありのみ)ですが、こちらには2層になっていて、下の段には「コンポートにした梨が入っています。梨の粒々があるので、食べていると時々シャリって感じで食感も楽しいです。上段は餡子で軸の部分は見た目プレッツェルだと思っていたのですが、こちらも餡子なんです。餡子を焼いたそうですよ。

この上生_多摩川梨は3つ購入していて、冷凍で届くので食べる前日に冷蔵庫に移しておきます。恥ずかしいくらいケチケチなんですが、毎回1つを三人で分けて食べていて、前回は娘が軸部分を食べたので、今回は私がいち早く軸をたべてみました。ホントに、餡子の味でした。焼いたからか食感が普段食べる餡子と違って不思議な感じで面白かったです。

多摩川梨上生

この形があまりにおしゃれで、桔梗屋さんのFBで見た時にくぎ付けになりました。多摩川梨でこんなおしゃれなお菓子を作ってくださってありがとうございます。来年も作って頂きたいです!

ごちそうさまでしたm(__)m