• 川崎市多摩区で150年つづく梨農家です

のらぼう菜とつや菜を収穫&販売しています。認知度は断然のらぼう菜。(つや菜は今年の2月に名前が決まったので当然なんです・・・)

梨畑の作業があるので、朝収穫して無人の即売所に並べておきます。お昼に帰ってくると売れているのやはりのらぼう菜。準備しているときにいらしたお客様につや菜のことをお話しすると「じゃ、買ってみようかしら」と手に取ってくださる方も。
(つや菜は、川崎市の農業技術センターがのらぼう菜を10年研究して誕生しました。)

のらぼう菜とつや菜は見た目が違います。つや菜は名前の通りつやつやしています。のらぼう菜は光沢感のない濃い緑色。

つや菜
つや菜
のらぼう菜
のらぼう菜

苗を植えた時期も違うので、きっちり比較は出来ないのですが、茎の太さや育ち方の速さがつや菜のほうが太くて速いなぁと思いました。あんまり育ちが良いので、年明け前にいくつか切ってたべてしまったのですが、それは早すぎたようです。今の時期に食べるほうが甘くておいしいと感じています。

 

 

 

さて、のらぼう菜とつや菜の味比べをしてみました。食べ比べをしてくれたのは、夫と娘ちゃん

のらぼう菜とつや菜
のらぼう菜とつや菜

結果は・・・。のらぼう菜のほうが味が濃いです。もともと癖の少ないのらぼう菜ですが、つや菜に比べると甘味も強いですが苦み(草っぽさ)があるなぁと思いました。つや菜はのらぼう菜に比べてくせがないです。その分甘味も薄いかなと感じました。後、これは私が大きくさせすぎてしまったからなのか???つや菜のほうが茎が筋っぽいような気がします。立派に育って茎がブロッコリーみたいに太いんで、ピーラーで皮をむいて食べると甘くておいしいですが、むかないと筋っぽさが残ります。
ただ、食べ比べなければそれほど味の違いはないかなぁと思います。どちらも食べやすいです。

無人即売所で、娘ちゃん作、わたし作のポップを付けて販売中。ぜひ食べ比べしてみてください。

無人即売所