• 川崎市多摩区で150年つづく梨農家です

古い木は伐採します
古くなった木は伐採します。毎年何本かは伐採するそうです。代わりに新しい梨の苗木を植えます。採する時は、「永い間沢山梨を作ってくれてどうもありがとう」と感謝してから斬るようにているそうです。
新しい苗木は夏に注文し秋(11月下旬)に届きます。新しい苗木は2~3年経つと枝の形ができてくるそうなので、そうなったら伐採した跡地に植え替えます。
新しい苗木は植え替えたあと、実がなりやすい木の形を作るため、5年くらいは実をならせないようにしています。実をつけると実に養分がいってしまうため木が十分に育たなくなってしまうからだそうです。
伐採した木