• 川崎市多摩区で150年つづく梨農家です

先日投稿した農業フォーラムの感想について記載したブログの中で言っていた新百合ヶ丘にあるパン屋さん「nichinichi」さんに行ってきました。

行ってみたい!と書いたもののなかなか行動できなかったのですが、梨の作業をお手伝いくださっている方が、このnichinichiさんのパンのファンで、先日休憩時間のおしゃべりの中でどんなに美味しいかを熱く語ってくださいました。気になっていることが人とのおしゃべりの中で話題になることはたまにあって、そんな時私は、これは行動に起こすべきなんだな!っと思い動くことにしています。

そんなわけでその日に、1時間だけ時間を作って行ってみました!新百合ヶ丘は映画を見たり、買い物に行ったりはするんですが駅の周辺しか行かないので、閑静な住宅街が広がっていて驚きました。土日は混んでいて行列を作るほどだと聞いたのですが、平日の昼過ぎだったからかすんなり入れました。

お客が私一人だけという瞬間があったので、店員さんに「「畑から、台所へ。」さんのYouTubeで川島シェフのことを知り、是非食べてみたいと思って来ました」と話しかけることができました。ラッキーなことに川島シェフともお話しすることができ、写真も撮らせていただきました。

マーク

川島シェフ

食パンたち
nichinichiの美味しい食パンたち

 

 

 

 

 

 

 

お手伝いしてくださる方から「みんな美味しいんだけど、食パンがとても美味しいの。」と聞いていたので、食パンがまずはゲット出来てラッキーでした。その食パンの小さい版も販売していて、こちらも購入しました。食パンが本当に美味しくて、いくらでも食べれちゃう感じでした。この小さい版はおにぎり代わりにお弁当として持っていくのもいいなぁと思いました。
大きいパンと小さいパン

 

 

 

 

多摩川梨を知ってもらうために動くことで、私が川崎の魅力を感じられてとても楽しいです。